登山記録 神室山 (有屋コース)

今年7回目

7月5日(日)
メンバー:単独行
天気:くもり時々晴れ

主なコースタイム(発以外は到着時刻)

06:37 有屋コース登山口(発)
07:46 二俣
09:12 春日神
10:16 神室山山頂(昼食)
11:36 春日神
12:55 二俣
14:14 有屋コース登山口

1ヶ月前に登る予定だった神室山にやっと行ってきました。

梅雨に入りましたが、山の花が咲く時期としてはいい季節かもしれません。

今回は単独行で、しかもそんなに気温が高くなかったので結構いいペースで歩くことができました。

kamuro150705map

kamuro150705map2gp

p1

登山口には森林管理署の真新しい看板が立っていました。

登山口の手前の大きな駐車場にはバスがあったり、登山口にも車があったので、先を歩いている人がいると思うとちょっと安心です。

なぜなら、二俣まではブッシュがあったり、河原の端を通ったりして道が見ずらいところも多いからです。

p2

この二俣よりも手前の沢を渡る場所で、大阪から来られた20名くらいの熟年のパーティーを追い越しました。

このパーティーは次の日は船形山に登るとのこと、素晴らしい。

p3

この春日神までの登りが一番きついのですが、今回はゆっくりマイペースでしかし大きな休憩は取らずに歩いたためか、割と楽に登れました。

p4

主稜線に出ると、レリーフピーク方面はこんなふうに霧がかかっていました。

ここからは気持ちのいい稜線歩きです。

p5

神室の山頂と山小屋が見えます。

山頂には人影がいくつか見えました。

p6

西の又沢コースを見下ろします。

p7

山頂に近づくと花の種類も増えてきました。

ハクサンフウロです。

p8

センジュガンビです。

p9

山頂のすぐ近くはニッコウキスゲがたくさん咲いていました。

p10

山頂には真新しい小さな祠がありました。

今回はたくさんの登山客がいて、大人数のパーティーは東京方面からのツアー客のようでした。

ここでかなり早めの昼食にしました。

やっぱり漬物があったら良かったかなと思いました。

今度はきゅうりの一本漬けを作っていこうと思います。

p11

山小屋のある台山尾根。

この尾根を歩いてみたいのですが、小屋に泊まるつもりでこないと時間的に厳しい気がします。

いつか挑戦するつもりです。

p12

天狗森、小又山方面です。

p13

沢の下の方を覗いてみるとまだ雪がかなり残っていました。

p14

いつも癒やされる、登山口に続く真っ直ぐな道です。

梅雨の合間でしたが、気持よく登ることができて良かったです。

カテゴリー: 山登り パーマリンク