登山記録 親倉見口ー槍ケ先ー中先まで

今年17回目

9月14日(土)
メンバー:単独行
天気:晴れ

主なコースタイム(発以外は到着時刻)
07:55 親倉見登山口発
10:28 槍ケ先
11:00 中先
12:24 槍ケ先
13:10 槍ケ先発
14:58 親倉見登山口

中先から槍が先に戻る途中
槍が先の山頂

いつもの親倉見口から登ります。火打岳に登るにはちょっと時間が遅かった。

登山者カードに書き込む。、前日に登った人が藪で足元が見えにくいと書いてあった。

登山の無事を祈願。

今回は、全部の札を見つけることができました。

慎重に通過。雨だったら滑る場所。

札が割れているけど、針金で合体。

下界からは大堀のお祭りの音が聞こえてきました。

すぐ左はブル道。

そろそろ、薬師原方面との分岐。

ここが分岐だけど、前回薬師原方向に下って苦労しました。

歩きやすい道です。

微妙な感じで置いてありました。

小さな沼の脇を通過。

このブナ林を歩くだけでも、楽しい。

やっと半分。

4本の根本がくっついている。

八森山の存在感が凄い。

もうちょっとだ。

槍ケ先山頂。空の色がいい。

新庄方面。

杢蔵山は八森山の後ろ。

最上町方面。

とりあえず、火打岳の方向に進みます。

中先から見る火打岳。

火打岳に続く大尺山へのルートを良く見ると、藪漕ぎ必至。
帰りの体力を考えて、ここで止めます。

また来るね!と火打岳を背にする。

振り返ってもこんな感じの藪です。これでも神室連峰のメインストリートです。

ゆっくり、下ります。でも、下る前に槍ケ先まで登り返しがあります。

花で気分を紛らす。

ハクサンフウロは山頂近くに多いのはどうしてだろう?

こんなふうに平らな尾根道ならいいんだけど。

降りる方向です。

細いブナが多いのもきれいです。
今回のコースですれ違ったのは一人だけでした。

カテゴリー: 山登り パーマリンク